年金の一つ障害年金

皆さんはしっかり年金保険料を支払っているでしょうか?会社勤めをしている人であれば、給料から自動的に保険料が天引きになっています。
この年金保険料は基本的には65歳を超えた後に受給することが出来る年金のために利用されているのですが、実は用途はこれだけではありません。


もう一つ気用途として、障害年金というものが存在しています。
老齢年金については詳しく知っているものの、この障害年金についてはあまり知らない人が多いのではないでしょうか?国民年金を支払っている人は特に自分で支払いを行わなければならないため、老齢年金だけを見ていると効果が疑わしく、支払うのをやめてしまう人も少なくありません。
ただ、やはり年金保険料は支払わなければならず、支払うことによって利益を得ることも可能です。


障害年金は障害基礎年金と障害厚生年金の二つの種類に分類されます。
また、公務員が対象となる障害共済年金については自治体によって違いがあるため、個別に確認する必要があります。


障害基礎年金は年金基礎保険料を支払っている人、すなわち国民年金に加入している人が対象となります。
障害厚生年金は厚生年金に加入している人、すなわち勤め人が対象となります。
自分の障害年金がどちらに該当しているのかを事前に確認しておくようにしましょう。


国民年金よりも厚生年金の方が年金保険料がおおきいだけあり、その効果も高くなっています。
それでは、障害年金受給の流れについて紹介します。


○外部推奨リンク
障害年金の申請手続きのサポートをしている専門事務所です ⇒ 障害年金申請